資金効率に優れた!株の信用取引の利点と必要なコスト

2016/07/25

少ない自己資金での株式投資

一般的に、株式投資では高額な初期費用が必要だと考えられていますよね。その為、貯金のない方の場合は株式投資に参加することを諦めがちです。しかし、株式投資には様々な取引手法があり、その中には高額な初期費用を工面できない方にも対応できる取引手法があるんですよ。それが株式投資の信用取引です。この信用取引には自己資金以上の取引が出来るという利点があります。その為、この仕組みを利用する事で少ない自己資金でも株式投資ができるんですよ。

株取引での儲けを大きくする為の手段

資金の少ない投資家に高額な取引をさせてくれるのが信用取引です。これは証券会社に担保として預けた金額の数倍程度の取引が可能になるものです。株式市場が大きく上昇している局面では取引量を増やして収益率を上げたい事もありますよね。しかし、現物取引では自己資金の金額に応じた取引しか出来ないので、相場のチャンスを活かす事が難しくなります。その為、チャンスが到来したときに信用取引で自己資金以上の取引を行い、儲けを大きくすることが大切なんですよね。

株式の銘柄による取引コストの違い

信用取引で理解しておくべき点に現物取引とは異なる費用が挙げられます。これは一時的に証券会社に資金を肩代わりしてもらっている状態です。従って、買いの信用取引では金利が必要となり、空売りをするときには株を借りて取引する為のコストが掛かります。これが現物取引とは異なるコストです。また、信用取引においては株式の種類や取引需要によってはより多くの費用が必要になることもある為、取引銘柄の性質を理解しておく事も大切なんですよね。

信用取引の費用は主に二つかかります、ひとつは証券会社にお金を借りてレバレッジをかけて株を買う時、貸し株を使っての空売りの時にかかる貸し株代です。

/