FXという信用取引のコツと肝について!その要素とは

2016/05/24

FXは信用取引の一つです

必ずしも信用取引にしないといけないわけではないですが、FXもそうした側面が強いです。むしろ、信用取引にしないのであれば、やる意味がないとすらいえます。これは資金の何倍も為替取引に使うことができるわけであり、途轍もなく人気になったことがあります。今はかなり落ち着いていますが、これは認知されてきた、ということでもあります。現状、信用取引をする方法としては最も簡単であり、審査が緩い、という側面も理由の一つです。

FXでは何を取引するのか

FXは外国為替証拠金取引ですから、為替の取引で利益を出すわけです。これは売ること、買うことの両方ができます。つまりは、下がるのであれば売り、下がった時に買い戻します。逆に高くなると予想したのであれば安いうちに買っておくわけです。そして、高くなったら売りに出すわけです。商売、相場の基本的なことではありますが、これを通貨、外国為替で行うわけです。様々な要因があり、はっきりいって予想はかなり難しいです。

コツがあるとするならば

FXにコツがあるとするならば、やはり要因を知ることです。為替が動く要因というのは、実はいくつかあります。その一つとして雇用統計があります。これはアメリカのデータであり、思いっきりドル相場が動く要因の一つになっています。キチンといつに出す、ということが決まっていますから、その時期に合わせてやるのがベストです。こうした直接的な原因がわかるときにのみ、取引をする手法もあります。可能性が極めて高くなるからです。

信用取引というのは株を証券会社から借りてその株を売買することです。株価が下がると予想したら信用売りをして、下がった時に買い戻して上がると予想すれば信用買いして、上がった時に売った差額が利益になります。

/