高卒の資格がほしいけど…通信制高校ってどういう所なの?

2016/04/23

高校を卒業したいけど、高校に通うのも大変…

現代日本は人間関係の複雑化などもあり、学校の中が敵地のように感じる事も少なくないと思います。でも高校までは卒業しておかないと社会の目も怖い…そんな板挟みのような状況に陥った人もいらっしゃるのではないでしょうか。でも今している事を無理に続けて、その先が崩れてしまう事が何よりも恐ろしい事だと私は思います。全日制の高校を中退し、通信制のある高校に入りなおした経験を持つ筆者の観点から、通信制高校についてご紹介していこうと思います。

通信制高校ってよく聞くけど実際どういうところ?

通信制高校は、基本的にはレポートや課題を提出して授業を修了する、自宅学習が主となった高校です。名前の通り”通信制”といった感じですね。数回、スクーリングという登校日はありますが自分のペースで勉強をして高校に通えるという点が通常の高校と違った点でしょう。そして、良くも悪くも”自由”です。”自由”に悪い点があるの?とお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。悪い”自由”とは、自分をしっかり定めないと何処かわからない場所へと流れていく”自由”です。卒業率の低さはそういった点からきているのかもしれません。好きにできるという考えだけで入ったら迷子になってしまいます。しかし、”自由”は”自由”です。目的や軸がある人にとってこれ以上ない良い環境なんですよね。目的も大きなものじゃなくていいんです。”高校を卒業したい”も立派な目標ですから。それに、たまにしか合わない生徒も、双子のように似たような考えの人と会えたり、新しい考えをくれる人も多く魅力的だったりもするんですよね。

高校を卒業できたら、自信にも繋がるんですよ

通信制高校に入って、卒業して…それは全日制高校とは違った苦労もたくさんあると思います。私自身も皆のように普通に生きていたら…と思う事は今でもしばしばあります。でも他の人と違った経験を味わう事が出来て、普通の授業では学べないような事を知り、自分で決めて歩み続ける難しさを達成したときの喜びを感じたときはこれで良かったと強く思う事が出来ました。皆と同じ事が出来なかった、ではなく皆とは違う事が出来たんです。それは大きな自信となりました。自分で決めて、責任のある自由を体感出来る通信制高校は立派な学び舎だと感じていますよ。

高校を卒業できなかったり、また高校に行かなかったりして高校卒業の学歴が欲しい方には通信制高校がピッタリです。通うことなく、主にテキストやレポートなどで、高校の勉強を自分のペースで進めます。

/